何歳から利用することが出来るのか

0-04

消費者金融、という言葉にどのようなイメージをお持ちでしょうか。消費者金融というのは、法律に従って、安全に個人のお金を借りられる場所です。そしてお金を借りるときには、必ず金利というものが発生します。

業者によってその金利の設定は様々で、基本的には、借りたときより多い、金利を上乗せしたお金を返さなくてはならないというイメージになります。借りる額が多ければ多いほど、返す額も金利上乗せで大きくなる、というイメージを覚えておきましょう。そして、誰もがお金を借りられる、というわけではありません。このような業者でお金を借りる場合には、必ず審査というものがあります。

審査は、その人の生年月日や職業、収入などの基本的個人情報、クレジットカードや携帯電話の支払い状況、過去の金融情報などを見て総合的に判断し、借りたお金をきちんと返せる能力がある人なのか、ということを導きだします。

基本的に、過去に何かの支払いを滞納したことがない、一定の収入があり働いている、ということが分かれば、審査は通ります。そして、気になるのは、何歳からお金を借りられる、ということではないでしょうか。このような業者を利用出来るのは、ほとんどの場合満20歳になってからです。

つまり、20歳の誕生日を迎えてから利用出来る、というわけです。しかし、20歳を過ぎたばかりの場合は、審査に通りに行くという実態もあります。

20歳になりたての場合は、収入も安定していませんし、学生であることも多いからです。もしも利用する機会がある場合には、クレジットカードの融資や学生ローンなどを利用すると良いでしょう。

お金を借りる大技林|今すぐ借りれるランキングTOP3はどこ?も参考に!

他の金融サービス企業との違いとは

0-25

さて、お金を借りる、というのは銀行でも出来るのではないか、と考える人も多いかもしれません。しかし、銀行と比較すると大きな違いがあります。消費者金融と銀行の最大の違いは、預金することが出来るか否かということです。

銀行は、一定額を預金することで、安い金利サービスなどを受けることが出来る場合もありますし、預金がある、ということは審査も通りやすくなります。しかし、金融業者は、お金を貸す、ということだけを一つのサービスとしている会社ですので、預金が存在しません。

ここで覚えておくべきことは、「総量規制」という言葉です。総量規制とは、金融会社でお金を借りる際に、基本的に年収の3分の1までしか借りることが出来ない、という規制のことです。金融業も、借りたお金はきちんと回収しないと赤字じなってしまいますから、このような規定にのっとって商売をしています。しかし、銀行というところは総量規制がない場所であるので、年収の3分の1以上を借りることができます。これが、銀行との大きな違いなのです。

また、他にもクレジットキャッシングというサービスもあります。クレジットキャッシングは、あらかじめ限度額が設定されており、クレジットカードさえあれば、ATMのようにすぐにお金を融資してもらえるというサービスです。

前述の通り、学生や20歳になりたての若い人などにはありがたいサービスです。このようなサービスは、限度額があらかじめ低く設定されておりますので、比較的簡単に利用することが出来るのです。期間内であれば、金利発生しない、という商品もあります。このような違いを覚えておくと良いでしょう。

注意点と大まかな仕組みについて

0-20

さて、消費者金融でお金を借りるにあたって、いくつか注意しておくべきことがあります。まず一つが、ヤミ金と呼ばれる業者の存在です。法律にのっとって金利を設定してサービスを展開している業者に対し、ヤミ金は法律外の高い金利でお金を貸し付けている場所です。

CMなどで目にする大手の場所は基本的に心配いりませんが、あまり有名ではない、小さな業者の場合は、きちんと調べてから利用するようにしましょう。ここはヤミ金です、と看板をあげている業者はありませんので、利用してから気付く、ということも多々あります。法外な金利でお金を貸し付けられると、返済が追いつかず借金取りに追われてしまう、という可能性もあります。

お金を借りる場合は、出来るだけ大手、またはしっかり下調べをして、きちんと安心できるところから借りるようにしましょう。また、世の中には過払い請求制度というものがあります。業者からお金を借りた際に、金利が多く設定されていることで、お金を必要以上に多く返してしまった場合、その分を過払い金として請求出来るという制度です。

大きな金額を借りた場合、また金利が大きい場合などには適用される場合がありますので、覚えておくと便利です。以上のように、何歳からお金を借りられるか、どのような審査があるか、銀行やクレジットとは何が違うか、ヤミ金とは何か、ということをしっかりと覚えておき、損のないように賢く利用することが大切です。